RSS | ATOM | SEARCH
縄文世界遺産総決起大会

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推進総決起大会が衆議院第1議員会館で行われ、4道県から関係者約200名が参加、秋田県からは佐竹知事、米田教育長、県議会議員連盟の6名などが参加する。
始めに推進本部長を務める三村青森県知事が挨拶。続いて国会議員の議員連盟会長の鈴木俊一衆議院議員、高橋はるみ北海道知事、達増拓也岩手県知事、佐竹知事が挨拶。それぞれ世界遺産登録に向けた想いと期待を述べる。

会場には修学旅行で国会見学をしていた函館の中学生6名も参加したが、その中から代表で挨拶した、生徒会長さんの挨拶が素晴らしかったので、ここに全文を紹介させて頂く。
「今日は修学旅行で東京を訪れ、日本の政治の中心、国会議事堂について学びに来ました。偶然にも、北海道北東北の縄文遺跡群を世界遺産へという想いを持った方々の集いが、今日ここで行われ、その集いにお招きを頂きました。私たちの住む函館にも縄文遺跡があります。・・地区の・・.みなみかやべ地区から発掘された北海道初の国宝「中空土偶」また秋田県産のアスファルトが大量に発見された地区など、私たちの地域では「古きを訪ねて新しきを知る」という勉強が本物を通じて出来ます。
また、小学校の時に修学旅行でも青森県の三内丸山遺跡を訪れ、そこで古代の人達の強い生命力、たくましく生きる力を肌で感じました。縄文遺跡は他の世界遺産、例えば姫路城や厳島神社や知床などとは違い、派手さやダイナミックさインパクトでは及ばないかもしれません。少し地味かなと感じる人もいると思います。(笑)でも華やかさや迫力をまとっていない分、古代の人の暮らしぶりや文化を真っ直ぐに感じる事が出来ます。(そうだ、いいぞの声)
そうした縄文遺跡から私は当時の人々の温もりや真面目さ、一生懸命さというものを親近感を持って感じ、想像する事が出来ます。それが他の遺跡・遺産とは一味違う縄文遺跡の大きな魅力だと思います。この貴重な縄文遺跡が世界遺産に登録されて今まで以上にしっかりと管理、保護されて残し、後世に伝えて行く事が出来れば大変嬉しく思います。
私は中学一年の時、国語の授業で言葉がつなぐ世界遺産という題材を勉強しました。その時世界遺産の登録についてはイコモスの専門家が細かく審査する事を知りました。イコモスのみなさんには、縄文文化の魅力素晴らしさを詳しく知ってもらい、感じてもらい世界遺産に相応しいという評価をして頂きたいと思います。
今日ここに思いを一つにして集まったみなさんの大きな夢が叶う事を私も願っています。今日は私達のためにこのような機会を与えて頂きありがとうございます。(満場の拍手)
私も感動しました。

最後は頑張ろうコールで締めたが、登録に向けて大きな推進力になった大会だ。
author:北林丈正, category:活動, 19:55
-, -, - -
「豪風関応援する会」設立

北秋田市出身の豪風旭関を応援する会の設立総会が縄文の湯で開かれ、会則や事業計画、役員などが決定した。

豪風関は昨年県民栄誉賞を受賞し、10月には地元で祝賀会も行われた。
また、本場所応援ツアーも昨年から今年にかけて行われ、私も2度ほど参加した。

そうした中で、現在秋田市や二ツ井にある豪風後援会を地元にも立ち上げようとの話しが持ち上がり、何度か役員会を開いた後、本日の設立総会となった訳である。

設立総会には関係者44名が参加し、総会終了後は記念写真を撮影して懇親会へ。
豪風は現在37歳で幕内最年長力士。本人もここまで続くとは思っても見なかったようだが、相撲内容は若々しく特にこの一年の活躍は目覚しい。東京オリンピックまで頑張るとの県民栄誉賞受賞祝賀会での話もあながち無理とは思えない。
仮に現役を引退しても、親方や相撲協会での活躍も期待されており、地元として長く応援していきたいものだと思う。

後援会の年会費は個人千円、法人3千円から。また5月14日から始まる5月場所には、5日目の18日に応援ツアーが企画されている。私も参加の予定だが、まだ若干の空きがある。入会若しくは参加ご希望の方は北秋田トラベルまで。
author:北林丈正, category:相撲, 20:30
-, -, - -
縄文世界遺産へ気勢会

<「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推進"気勢"会なる催しが青森市の山内丸山遺跡にある時遊館で開かれ、秋田県議会縄文推進議員連盟を代表して参加する。 4道県17遺跡からなる縄文遺跡群は、これまで世界文化遺産の国内推薦候補に何度もノミネートされながら見送られてきた。課題を整理しながら、伊勢堂岱の縄文館など着々と整備を進めながら望む今年は、正に正念場。秋田県議会でも登録推進議員連盟を全議員参加で先月立ち上げたところだ。 気勢会には世界遺産登録推進本部長の三村青森県知事や国会議員、各県の県議、地元関係者など150人余りが参加。 三村知事は、縄文文化の価値については国際的に十分確立しており、国内候補になれば一気加勢に世界遺産登録へと進むものと思う。現在延3千m2にも及ぶ時遊館の増築工事も進めており、今年は何としても取りに行くと意気込みを示す。 地元の世界遺産遺産を目指す会の若井会長は、縄文文化の解明はここ20年程で急速に進んだ。ライバルは佐渡の金山と大阪の百舌鳥古墳群だが、日本文化の根幹を成す縄文文化を必ず世界遺産へと期待を込める。

最後は地元の津島淳衆議院議院のガンバローで締めくくったが、関係者の熱意が十分に伝わる"気勢会"でした。ユネスコへの国内推薦候補は8月にも決定する。
author:北林丈正, category:活動, 18:35
-, -, - -
火まつりかまくら

平成26年に復活した、葛黒の「火まつりかまくら」も今年で4回目を迎える。
昨年は雪不足に加えての雨模様で、足場がぬかるみ、ご神木を上手く建てる事が出来なかったが、今年は昨日からの雪と寒さで足元も固まった。朝に切り出した高さ11mのご神木も立派に立ち上がり点火を待つ。

「権五郎」を形取った切り絵燈籠も小かまくらの上に飾られ雰囲気を盛り上げる。

午後6時、堀部明博会長が挨拶し、昨年の試練を乗り越え無事今年の火まつりが開催出来た事に感謝を述べる。


気温は氷点下3度?、風雪の中でご神木の周囲に巻かれた稲わらや豆殻にたいまつの火を点火するが、今年は寒さと風のせいか例年のようにいっきには燃え上がらない。2〜3分もかけてじっくり火をつけるとようやく燃えあがったご神木に向かって、子供たちが「おーい、かまくらの権五郎」と何度も叫ぶ。
山間の集落に伝わるこの伝統行事は250年の歴史を持つという。
地域住民の気持ちを1つにし、周囲の人々の心をも動かす伝統行事。その不思議な魅力を味わいながら里山を後にする。
author:北林丈正, category:行事, 19:45
-, -, - -
自衛隊入隊激励会

大館・北鹿地区自衛隊入隊予定者激励会が大館市中央公民館で開かれ出席する。
この会は大館北鹿地区の自衛隊家族会が主催するもので、毎年開かれている。
秋本会長や市町村長、自衛隊員などが挨拶の後、入隊予定者を代表して中嶋奎斗君(北鷹高校)が決意の程を述べる。彼は自分の末息子と同級で、一緒にスキーをした間柄だが、立派に成長した姿に驚く。自衛隊入隊は小さい頃からの夢であったとお父様から伺う。
今年、大館北鹿地区から入隊したのは男子33名、女子4名の37名。隊別では陸上自衛隊に28名、海自に6名、空自に3名との事。
崇高な使命を担う自衛隊に入隊する若者を見て、頼もしく誇らしく思うとともに頭の下がる思いがする。1日も早く仕事に慣れ、自衛官・社会人として成長して欲しいものです。
author:北林丈正, category:行事, 14:35
-, -, - -
元旦マラソン
平成29年が穏やかに幕を開けました。我が家の庭先の積雪は5センチほど。地球温暖化の影響かは分かりませんが、今年も暖冬になりそうです。

雪不足でスキー場は大打撃ですが、ここ阿仁スキー場はご覧の通り十分な積雪で、樹氷も成長を始めました。これは昨日の写真ですが、正月休みも相当に賑わいそうです。

新年は倉の山の元旦登山と決まっていたが、昨年11月に父が他界したため今年は遠慮し、北秋田市の元旦マラソンに参加。開会式では昨年暮れに全国駅伝大会に出場した鷹中、北鷹高校の部員が紹介され、選手から今年の抱負も聞くことが出来た。今月15日に京都で開催の都道府県対抗女子駅伝にもこの中から計6名が出場との事。生徒達の活躍には大いに刺激を受ける。

大会には2キロ、4キロの部に総勢248名が参加。小生も4キロの部で生徒達に混じって走り、心地良い汗を流す。
author:北林丈正, category:マラソン, 12:11
-, -, - -
「秋田犬っこ列車」運行記念式典

県では「秋田犬列車整備事業」に7,900万円を予算化し今年2月議会で承認されていた。内陸線3両、鳥海山ろく線1両の車両を整備しインバウンドを含む観光客の利便性向上を図る為の事業だが、この度完成しお披露目となった次第だ。

始めに内陸線の佐々木社長から挨拶があり、事業に携わったデザイナーや写真家工事関係者などの紹介がある。

車両は外装や下廻りも塗装し直され新品と見間違うばかり。また内装もシートのカバーが全て新調された。シートの模様には秋田犬が使われているが、100匹に一つは熊の模様が混じっていて、それを探すのも楽しみの一つ。
車内には可愛いい秋田犬の写真が数多く貼られ、犬好きにはたまらない空間だ。無料wifiも設置され、観光客誘致には大きな力になるだろう。
この事業は復興支援交付金を活用したものだが、県の内陸線支援事業としてはこれまでに無いインパクトのあるもの。
当面は急行列車に利用されるとの事だが、利用促進に結びついて欲しいものだ。
author:北林丈正, category:行事, 16:15
-, -, - -
合同祝賀会


打当温泉にてカラミナイ堰頭首工と大綱水田暗渠排水路の合同竣工祝賀会が行われ参加する。祝賀会には地域住民の他県市の担当者、工事関係者なども参加し竣工を喜びあった。
頭首工とは川から水を取り入れる入口部分を言う。阿仁の比立内地区は川が居住地区より数十メートルも低い位置にある。その為先人達は数キロも上流に頭首工を設け豊富な川の水を生活用水や農業などに利用してきた。
しかし旧頭首工は建設から70年以上が経過し老朽化が著しく改修は住民の長年の悲願だった。また比立内の大綱地区は水田の排水路が未整備で降雨時には下流部分で不具合が生じていた。
そうした中、一昨年の夏、地域の方から相談を受け県に相談した所、さっそく県、市の担当者立ち会いのもとで現地視察が実現し、基盤整備事業などを活用して事業計画が立てられる事になった。
大綱地区の排水路は平成27年に暗渠排水工0.6ha、排水路工336mが完成。
カラミナイ堰の頭首工は平成27年、28年で取水ゲートや余水吐ゲートなどが完成した。

総延長7.5キロに及ぶカラミナイ堰は、上流から豊富な水を運び水田に、生活用水にまた冬季には流雪工として住民の生活を支えてきた。長年の悲願達成に住民の喜びはひとしおだ。
author:北林丈正, category:行事, 14:15
-, -, - -
鷹巣大館道路開通

日本海沿岸東北自動車道の鷹巣IC〜仁井田真中IC間が開通し、22日午前11時より鷹巣IC付近で記念式典が行われた。
始めに佐竹知事、石川国土交通省道路局長、福原大館市長、津谷北秋田市長らが挨拶し来賓として金田法務大臣が祝辞を述べる。
今回開通した区間は12.2キロだが、これにより鷹巣と大館の所用時間は15分程短縮になる。北秋田市にとっては初の高速道路でもあり市民の関心も高い。
式典には行政関係者、用地の提供者、工事関係者ら多数が出席し、完成まで10年余を要した待望の開通を祝った。

テープカットとくす玉が割られ、綴子大太鼓や鷹巣南中学校ブラスバンド部の演奏が開通に華を添える。

式典終了後はパレード。やはり新しい道路を、走るのは気持のいいもの。

摩当山トンネルは全長3,333メートルで道路のトンネルとしては県内一の長さ(県境を除く)。事故発生時の非難用として、平行して非常用のトンネルも掘られている。

トンネルの中は明るく視界はとても良い。

トンネルを出ると間も無く仁井田真中IC。

地元の方々にも横断幕で温かく迎えて頂く。

新規に開通する道路としては、12.2キロは今年東北では最も長いそうだ。鷹巣〜大館間を直結する、この道路が地域に与える影響は計り知れない。
来年は大館能代空港までも延伸する予定だが、こうしたインフラ整備をどう活性化に活かすのか。これからが正念場だ。
author:北林丈正, category:行事, 18:00
-, -, - -
100キロマラソン

9月25日,今年で26回を数える北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソンが行われた。
例年好天に恵まれる当大会だが、今年は例年に増して好天気。気温も25度を超えるが、ランナーにとってはやや厳しい条件ではある。
小生は2000年から毎年この大会の100キロ、若しくは50キロの部に参加してきた。最初に50キロの部に参加し26位に入賞した時の驚き、そして次の年に100キロに挑戦し完走した時の感動、またその翌年からは50キロでの上位入賞を目指し2004年念願の10位入賞を果たした時の苦しみと喜び、などなど100キロマラソンの思い出は尽きる事が無い。この大会を目標に日々努力し目標を達成した事で得られる満足感と自信は何物にも代えがたいものがある。
100キロマラソンは今では全国各地で行われている様だが、沿道の自然の素晴らしさと起伏に富んだコース設定、そして何よりも人情味溢れる沿道での応援とおもてなし、など総合的に見て当地の100キロマラソンは間違いなく全国でも最高クラスであると思う。と同時にこの大会が地元にある事に感謝するばかりである。
大会関係者、並びに多くのボランティアの皆様には本当に感謝申し上げます。
author:北林丈正, category:マラソン, 19:25
-, -, - -