RSS | ATOM | SEARCH
ドームハウスでシイタケ

総務企画委員会の県内調査で横手市十文字にある「十五野ハウス団地」を訪れる。当団地は菌床シイタケやほうれん草を生産する県内有数の団地だが、昨年特殊発泡ポリスチレン製のドームハウス12棟が完成し生産が始まっている。

一見従来のビニールハウスに見える白いドーム型のハウスは、厚さ20センチの発泡ポリスチレンで出来ている。幅7.7m長さ32mの室内は、地下水を利用したヒートポンプで温度・湿度が管理され年中20度前後に保たれる。1棟あたり13,000個の菌床が棚にびっしりと並び、季節に左右されない栽培が可能だ。
このドームは県外の会社が開発した特許製品だが、軽い上に強度、耐久性は抜群で積雪にも耐えられる。ドーム間には水路が設置されていて落下した雪は水で溶かす仕組みも完備されている。
断熱性が格段に高い為、光熱費などの維持経費は従来のビニールハウスの数分の一。計画的な通年栽培が出来る為、常時雇用が実現し既に何名かの雇用が決まっているとの事。


克雪、常時雇用、通年栽培など長年本県農業が克服出来なかった課題を一気に解決する夢のドームハウス。問題は金額だが、耐久性は外側を覆っているビニールは別として本体のポリスチレンはほぼ永久に使える事を考えると高額の建設費もペイ可能か。

現在12棟のドームハウスは今年新たに8棟が建設される。
author:北林丈正, category:議会, 17:00
-, -, - -