RSS | ATOM | SEARCH
出初式

新年恒例の北秋田市消防出初式が鷹巣を会場に行われた。


時折吹雪模様となる中、午前9時、分列行進が始まり北都銀行前で観閲。


第1分団から第12分団、女性消防団など約450名が統率のとれた行進を見せる。


行進の後は式典会場の文化会館に移動。10時開式の予定だったが、行進が早く終わった為15分早めて開始。
津谷市長の式辞、藤田消防団長の訓示に続いて、防火防災作文の表彰が行われ最優秀賞が鷹巣南中学校3年、岩本真菜香さんに贈られ、その後永年勤続表彰などが行われる。


昨年の北秋田市の火災発生件数は11件でその内建物火災は5件との事。人身被害は軽度の怪我が2件と例年に比べて減少した。 しかし全県では24名の方が亡くなり、その中には、5人が亡くなり10人の負傷者を出した横手のアパート火災もある。秋田県では年によって変動が大きいが年間20〜30人程が火災によって亡くなっており、人口10万人あたりの死者数は全国でも最も高い方だ。
暖房器具の使用が多い為と思われるが、これから冬本番を迎える。火の取り扱いにはくれぐれも用心を。

と挨拶して帰宅すると、間も無く消防車とパトカーのサイレンが近くで聞こえる。外に出ると北鷹高校近くで不審火との事。桜の樹の根元でタオルの様な物が燃えていて通行人が119番した。幸い大事には至らなかったが、新年早々のお騒がせでした。
author:北林丈正, category:行事, 19:48
-, -, - -