RSS | ATOM | SEARCH
元旦登山
あけましておめでとうございます。
一年の計は元旦にありというが、新年は朝5時に起きて、2年ぶりに米内沢、倉ノ山元旦登山に参加する。


午前6時、米内沢神社の境内に車を置き、参拝していざ出発。天候は意外にも小雨。元旦登山を始めて20数年になるが雨が降るのは珍しい。年末に積った雪も随分下がって重雪。車から傘を取り出して、暗闇の中を歩き出す。間も無く参加者数人と合流して、まずは麓まで林道を歩く。
麓到着は6時半、いつのまにか周囲は明るくなっていて山頂が見える。ここからは登山道を登るが、積雪が50センチ程度はあるため、用意したカンジキを着ける。

倉ノ山は標高314mしかないが、斜面が急で一気に登っているため、登るのはそう楽ではない。呼吸を整えながらあまり汗をかかない様注意して山頂を目指す。
麓から約45分で山頂に到着。登り終えた爽快感はやはり格別。一番乗りも気持ちが良いものだ。

今年の参加者は7人とワンちゃん1匹。
三吉神社に参拝して、今年の安全と豊作を願う。
昨年12月には元旦登山会の成田会長が亡くなった。また1人会員が減って寂しくなったが、新会長には黒沢さんがつくことにその場で決定。
山頂に着くと雨も上がり、一瞬だか初日の出も顔を見せる。

いつもと変わらぬ里の風景を眺めながら、気分を新たに下山する。
author:北林丈正, category:日常, 13:50
-, -, - -