RSS | ATOM | SEARCH
縄文世界遺産総決起大会

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推進総決起大会が衆議院第1議員会館で行われ、4道県から関係者約200名が参加、秋田県からは佐竹知事、米田教育長、県議会議員連盟の6名などが参加する。
始めに推進本部長を務める三村青森県知事が挨拶。続いて国会議員の議員連盟会長の鈴木俊一衆議院議員、高橋はるみ北海道知事、達増拓也岩手県知事、佐竹知事が挨拶。それぞれ世界遺産登録に向けた想いと期待を述べる。

会場には修学旅行で国会見学をしていた函館の中学生6名も参加したが、その中から代表で挨拶した、生徒会長さんの挨拶が素晴らしかったので、ここに全文を紹介させて頂く。
「今日は修学旅行で東京を訪れ、日本の政治の中心、国会議事堂について学びに来ました。偶然にも、北海道北東北の縄文遺跡群を世界遺産へという想いを持った方々の集いが、今日ここで行われ、その集いにお招きを頂きました。私たちの住む函館にも縄文遺跡があります。・・地区の・・.みなみかやべ地区から発掘された北海道初の国宝「中空土偶」また秋田県産のアスファルトが大量に発見された地区など、私たちの地域では「古きを訪ねて新しきを知る」という勉強が本物を通じて出来ます。
また、小学校の時に修学旅行でも青森県の三内丸山遺跡を訪れ、そこで古代の人達の強い生命力、たくましく生きる力を肌で感じました。縄文遺跡は他の世界遺産、例えば姫路城や厳島神社や知床などとは違い、派手さやダイナミックさインパクトでは及ばないかもしれません。少し地味かなと感じる人もいると思います。(笑)でも華やかさや迫力をまとっていない分、古代の人の暮らしぶりや文化を真っ直ぐに感じる事が出来ます。(そうだ、いいぞの声)
そうした縄文遺跡から私は当時の人々の温もりや真面目さ、一生懸命さというものを親近感を持って感じ、想像する事が出来ます。それが他の遺跡・遺産とは一味違う縄文遺跡の大きな魅力だと思います。この貴重な縄文遺跡が世界遺産に登録されて今まで以上にしっかりと管理、保護されて残し、後世に伝えて行く事が出来れば大変嬉しく思います。
私は中学一年の時、国語の授業で言葉がつなぐ世界遺産という題材を勉強しました。その時世界遺産の登録についてはイコモスの専門家が細かく審査する事を知りました。イコモスのみなさんには、縄文文化の魅力素晴らしさを詳しく知ってもらい、感じてもらい世界遺産に相応しいという評価をして頂きたいと思います。
今日ここに思いを一つにして集まったみなさんの大きな夢が叶う事を私も願っています。今日は私達のためにこのような機会を与えて頂きありがとうございます。(満場の拍手)
私も感動しました。

最後は頑張ろうコールで締めたが、登録に向けて大きな推進力になった大会だ。
author:北林丈正, category:活動, 19:55
-, -, - -