RSS | ATOM | SEARCH
合同祝賀会


打当温泉にてカラミナイ堰頭首工と大綱水田暗渠排水路の合同竣工祝賀会が行われ参加する。祝賀会には地域住民の他県市の担当者、工事関係者なども参加し竣工を喜びあった。
頭首工とは川から水を取り入れる入口部分を言う。阿仁の比立内地区は川が居住地区より数十メートルも低い位置にある。その為先人達は数キロも上流に頭首工を設け豊富な川の水を生活用水や農業などに利用してきた。
しかし旧頭首工は建設から70年以上が経過し老朽化が著しく改修は住民の長年の悲願だった。また比立内の大綱地区は水田の排水路が未整備で降雨時には下流部分で不具合が生じていた。
そうした中、一昨年の夏、地域の方から相談を受け県に相談した所、さっそく県、市の担当者立ち会いのもとで現地視察が実現し、基盤整備事業などを活用して事業計画が立てられる事になった。
大綱地区の排水路は平成27年に暗渠排水工0.6ha、排水路工336mが完成。
カラミナイ堰の頭首工は平成27年、28年で取水ゲートや余水吐ゲートなどが完成した。

総延長7.5キロに及ぶカラミナイ堰は、上流から豊富な水を運び水田に、生活用水にまた冬季には流雪工として住民の生活を支えてきた。長年の悲願達成に住民の喜びはひとしおだ。
author:北林丈正, category:行事, 14:15
-, -, - -