RSS | ATOM | SEARCH
伊勢堂岱縄文館オープン


北秋田市の小ヶ田に伊勢堂岱縄文館がオープンし記念式典が行われた。


館内には土器や石器などの出土品の他、縄文時代の生活の様子をイメージしたジオラマもある。近づいて良く見ると狩猟している人間の姿が。

遺跡跡には木道が整備され、散歩コースとしても最適。


ストーンサークルは全部で3ケ。これは世界遺産を目指している16の縄文遺跡群の中でも最多。白神山地を望む高台でどんな儀式が行われ、当時の人々は何を考えていたのか。
式典には小林達雄教授も出席して、縄文文化の魅力を熱く語っていた。


式典終了後は記念植樹も行われ、ジュニアボランティアガイドの皆さんが仲良く作業する。

今年7月に発表予定の世界遺産の日本推薦候補。長崎のキリスト教、佐渡の金山、大阪の百舌鳥古市古墳群とライバルは多いが、果たして今年こそ縄文が選ばれるか。まずは縄文の魅力を多くの人に知って貰いたい。
author:北林丈正, category:-, 22:40
-, -, - -