RSS | ATOM | SEARCH
一般質問終える
 
 夏至を迎えた今日、通算7度目の一般質問に立つ。

質問の項目は「投票所の減少」や「医師確保の見通し」、「森吉山の国立公園編入」など8項目である。

 県内の投票所は急激に減少しており、投票に行けない人も増えている。投票所の設置ヶ所については市町村の選挙管理委員会で定める事になっているが、事の重要性を考えれば県が対策に乗り出すべきではないか、と質したのに対し竹田県選挙管理委員長は、今年中に市町村選挙管理委員会との会議の場を設けて、先進事例を紹介し、期日前投票所の設置等についても働きかけると前向きな答弁をもらう。

 医師確保の見通しについては、秋大医学部の地域枠医学生など知事が個別に勤務先を指定できる医師数が、平成32年度には60人、平成34年度には100名程度と大幅に増加する見通しであり、医師不足の解消に大きく寄与するものと考えている、と知事は答弁。また地域偏在についても実効性のある医師配置の仕組みを構築していくという。

 今回の目玉である「森吉山の国立公園編入」については、「知名度アップによる地域の活性化や、自然環境の保全に向けた意識の高揚といった効果が期待される。また地元の熱意が極めて重要と答え、まずは地元と意見交換を行ってまいりたい」とこちらも前向きな答弁。
 

 再質問では、次のように発言する。「全国的に国立公園の再編や見直しは盛んで、今年に入っても妙高戸隠連山国立公園が上信越高原国立公園から独立し、また三陸復興国立公園には南三陸金華山国定公園が編入された。こうした動きの背景には、外国人観光客の誘致や生態系の保全の高まりがある。私もこうした状況を最近調べて知ったが、おそらく県の幹部も知らない人が多いのではないか。編入について地元の熱意が必要なのは分かるが、県が方向性を示すべきではないか」と。
 佐竹知事は、国立公園というと規制を解除して欲しいという要望が多く、知名度アップや観光に利用するという考えが無かった。これを機会に研究を深めてまいりたい、と述べる。

 まだまだ先は長く課題も多いが、知事も趣旨は良く理解してくれたようだ。夢の「森吉山の国立公園編入」だが、最初の一歩が動き出した。
author:北林丈正, category:議会, 20:22
-, -, - -