RSS | ATOM | SEARCH
モーグル田沢湖大会


フリースタイルスキー秋田・田沢湖モーグル競技会が昨日、今日の二日間田沢湖スキー場の黒森コースで開催された。


田沢湖スキーでは来年からモーグルスキーワールドカップ開催が決定し、今大会はそのプレ大会とも言うべきもの。
ソチ五輪での上村愛子選手の活躍もあり県民の関心も高い。小生も「百聞は一見にしかず」と現地に赴く。

本日行われたのはデュアルモーグルという競技で、2人が同時に滑りタイムやフォームを採点しその場で勝ち負けが決まる、トーナメント戦である。

黒森コースは何度か滑った事があるが相当な急斜面である。そこにコブとジャンプが2基設置された中をリズミカルに一気に滑り降りるのだから見ていて何とも爽快だ。アナウンスやBGMなどで演出効果も高められていて「見る楽しさ」が追求されている。回転や大回転など従来のアルペン競技とは成り立ちや発想が全く違う印象だ。
本県では馴染みの薄いモーグル競技だが田沢湖大会をきっかけに競技人口が増え、スキー競技全体の底上げに繋がればと期待する。
author:北林丈正, category:スキー, 21:53
-, -, - -