RSS | ATOM | SEARCH
日本海メロンマラソン
 ようやく東北地方も梅雨明けし夏の日差しが注いできたが、今日は日本海メロンマラソンに参加する。

 この大会は昭和62年旧若美町時代に始まり今年で27回を数える。最近は人気が高まり今年の参加者はハーフマラソンの部に男子734人、女子107人、10キロの部に男子1,061人、女子283人、5キロの部に男子中学生67人、女子225人、3.4キロペアマラソンに509組、合わせて約3,500人に達する。県内では田沢湖マラソンに次ぐ大規模なマラソン大会ではないだろうか。

 ゴールは若美総合体育館近くの館山近隣公園。
 自分が出場したのは男子10キロ50歳代の部。初参加とあって緊張したが目標の50分を若干上回る48分51秒で無事ゴール。


 ゴール後はメロン食べ放題。特設テントには多くの選手が群がりメロンに食らいつく。この他に参加選手はメロン2個が参加賞として貰えるから参加費3,000円は格安?。


 昨年は埼玉県庁の川内優輝選手が特別出場したが、今年はシドニーオリンピックン女子代表の市橋有里選手と我が家の杉山裕之さんがゲストで登場。杉山さんはアクエリアスの「ランニングを通じてNEW YOUになる」というプログラムで「フルマラソン完走」を目標に掲げ、市橋さんの指導のもとチャレンジを続けている。
 今日は10キロを1時間半で完走。目標達成に向けて決意を新たにする。

 前々から一度参加したいと思っていた本大会に参加して、改めてマラソンとメロンを組み合わせた大会関係者の発想力には関心する。今後は若美メロンのブランド力をもっともっと高めるよう頑張って欲しいものだ。

 
author:北林丈正, category:マラソン, 22:19
-, -, - -