RSS | ATOM | SEARCH
北秋田で世界を体験

北秋田市材木町のチックタッグズカフェの広場で「北秋田で世界を体験!アートフェス縁(EN)」なるイベントが開かれた。会場にあるカフェは気仙沼から避難してきたオーナーが経営する店としてテレビなどにも度々取り上げられている。


トラック荷台の特設ステージ上では地元の和太鼓「鷹巣ばやし」、トリニダード・トバゴのスチールパン、南米のサンポーニャ、中東のベリーダンス、ハワイのウクレレ、インドのシタールとタブラなど世界の音楽をアーティスト達が演奏。会場では演奏のほか、七輪を作るアート体験、若手アーティストの作品展示、気仙沼ホルモンや焼きそばなどのフードコーナーなどのあり、炎天下にも関わらず若者や家族連れが、ちょっと変わったアートを楽しんだ。
平成26年秋に本県で開催される国民文化祭を控え、県芸術文化振興基金の助成を得て開催された同イベントだが、地元の若手グループ・プロジェクト縁が主催して、若者達の心をしっかり掴んだようだ。
上小阿仁村で明日まで開催される「大地の芸術祭」も予想以上の人出で盛り上がっているが、「アートでの地域興し」まだまだ無限の可能性がありそうだ。
author:北林丈正, category:行事, 16:54
-, -, - -