RSS | ATOM | SEARCH
紅白柔道大会
 第45回大館北秋紅白柔道大会が北秋田市米内沢の北林道場にて行われた。
 この大会は、当初は大館と阿仁部の地域対抗戦として中学生から大人(一般)まで参加して開催していたが、時が経つにつれ、一般の参加者は減少し、最近は主に小学生から高校生までの大会となっている。今大会には大館北秋田市内の他秋田市から秋大附属中の5名も参加し、合計136名の選手がそれぞれ「スポ少の部」 「男子中学1.2年の部」 「男子中学3年生以上の部」 「女子の部」で紅白に別れて熱戦を繰り広げた。

 
 この大会の特徴は'勝ち抜き戦’である事。スポ少の部は5人まで、それ以外は何人でも勝ち抜く事が出来る。
 スポ少の部では北林道場の片岡喜翔選手、松橋藍斗選手が4人、5人抜きを演じ場内を沸かせる。また合川中学3年生の田所駿也選手は中学生1人と高校生5人を抜き非凡な才能を見せる。

 試合の結果、勝敗は赤組の勝利。最優秀選手には田所選手、優秀選手には北林道場の片岡選手、松橋選手、秋大附属中の伊藤光翼選手など活躍した選手が選ばれ賞状と記念品が贈られる。

 少子化の影響もあり柔道人口は大きく減少している。最近では部員が集まらず団体戦のチーム編成にも苦労する学校もあるが、こうして広域的に集まれば練習になり刺激にもなる。
 柔道連盟と学校と道場が協力して行っているこの大会。地域の総合力でこれからも盛り上げていきたい。

 
author:北林丈正, category:柔道, 22:00
-, -, - -