RSS | ATOM | SEARCH
これぞ「寒稽古」

 昨日から北林道場の寒稽古が始まった。今年の稽古初めでもあり、毎年恒例の行事である。
 初日と2日目は稽古をして3日目の9日は紅白試合と餅つきをする日程である。
 初日は、小学生から高校まで約50人が集まり、寒さの中で稽古に励んだ。
 外気温はマイナス4℃。久しぶりに柔道着を着たが、道場の畳は冷え切っており足の冷たさはハンパじゃない。足の裏の感覚が無くなる冷たさだ。
 
 それでも小学生相手に寝技や乱取りをこなしていると体は温まってくる。
 子供たちの成長を体で感じながら1時間半程の稽古を終える。

 
 午前中は阿仁スキー場横の高津森クロカンコースで鷹小ノル部の練習。今日は中学校スキー部の合同練習も行っていた。
 
 平地でも真冬日の昨日、山の上は一段と寒さが厳しい。
 それでも子供達は泣き言も言わずいつもの練習メニューをこなす。
 
 息子も一周コースを走ってくるとこの有様。眉毛も凍りついている。気温はマイナス7〜8℃。

 明日はいよいよ大会だ。例年大雪に見舞われるこの大会だが果たして今年はどうなることか。

 

 
author:北林丈正, category:柔道, 00:14
-, -, - -