RSS | ATOM | SEARCH
試練続く鷹小軍団

 鷹小チームは大館市比内の西舘小に出向いて練習試合を行う。
 西舘は1回裏にいきなり満塁ホームランを放つなど一挙9点をあげる。沈黙の鷹小打線は5回にようやく火が付き田中省吾、佐藤弘規の2ベースなどで8点をあげるがその後相手に追加点を許し結局14対12で負けてしまう。
 相手のピッチャーが良かったせいもあるが、打線に元気が無い。相変らずのフォアボールがらみの失点も多くみすみす相手に勝利を献上しているような感じである。
 5年生の打撃に当たりが出てきたのがせめてもの救いだが、出口の見えないトンネルに監督やコーチも忍耐が続く。
author:北林丈正, category:野球, 22:10
-, -, - -