RSS | ATOM | SEARCH
森吉山山開き登山

毎年5月3日に行われている山開き、昨年は悪天候で登山が行われなかったが、今年は絶好の登山日和に恵まれた。
午前8時半に旧森吉スキー場駐車場に集合し、登山開始。今年は4月に寒い日が続いた為残雪が多い。小生は下りをスキーで滑ろうと短めのファンスキーとスキー靴を背負って登る。

30分も歩くと下界に山の景色が広がってくる。

スキー場のゲレンデだった所が終わり少し登ると山頂が見えてくる。

スタートから約一時間半、標高1,264m一の腰に到着。ここまで来れば後少しだ。

11時から山岳関係者、北秋田市、東部森林管理署、一般登山客らが集い神事を行う。一番遠くからの参加者は和歌山県からだ。
神社には「令和」を祝うのぼりも。

神事の後山頂へ。山頂からは男鹿新山、岩木山、岩手山、駒ヶ岳、太平山など残雪が残る山々の景色が広がる。

山頂の東側にはスキーに絶好の斜面が広がっていて、久しぶりに春スキーを楽しむ。
阿仁スキー場のゴンドラも連休中営業していてサンシャインコースはまだ滑る事が出来る。
一年を通じて楽しめる森吉山だが、残雪を踏みしめて登る春山登山の魅力はまた格別だ。
author:北林丈正, category:行事, 17:00
-, -, - -
春近し

昨日卒業式が行われた北鷹高校の野球グランドでは、部員達が除雪作業を開始した。現在の積雪は20〜25センチ程度か。順調に行けば今月中旬には土の上で練習が出来そうだ。
例年になく雪解けが早く、順調に春を迎えつつある今日この頃。寒の戻りはやってくるのか、それともこのまま一気に春を迎えるのか。妙に気ぜわしくなってきた。
author:北林丈正, category:日常, 20:35
-, -, - -
歩くスキーの集い
今年で39回を数える県民歩くスキーの集いが北欧の杜公園で開催され参加する。 朝から青空の広がる絶好の天気に加えて、硬く締まった雪質でコンデションは上々。

佐藤昭洋教育長の挨拶に続きラジオ体操で体をほぐしてスタート。
約300名の参加者が3キロ、5キロ、8キロのコースで心地よい汗を流した。

途中にはエイドステーションもありバナナやスポーツドリンクなど至れり尽くせりのサービス。

平坦だが林間コースもあり変化に富んだ景観が楽しめる。

約50分程で8キロコースを走り切りゴール。

ゴール後は豚汁サービスや抽選会で盛り上がる。
合川町時代から続くこの催し。順位を競うのでは無く、純粋にノルディックスキーを楽しめるのが魅力だ。子供からお年寄りまで楽しめるスキーイベントとして今後も発展して欲しいものだ。
author:北林丈正, category:スキー, 21:31
-, -, - -
豪風に感謝する会

「元関脇 豪風関に感謝する会」が秋田キャッスルホテルで開催され関係者約130名が出席する。始めに佐藤暢男豪風後援会長が挨拶。堀井副知事、津谷市長、渡辺金足農業高校校長が祝辞を述べた。
秋田相撲甚句会から秋田市出身の斎藤ますみさんが作詞の豪風引退相撲甚句が披露される。豪風関のこれまでの相撲人生を称え、これからの年寄押尾川の活躍を願う相撲甚句には満場の拍手が贈られる。


記念品と花束を贈られた元豪風関は、「豪風関が感謝する会」だと最初に述べ、これまでの応援に感謝し、今後も親方として相撲道に精進すると決意を述べる。
幕内通算86場所を務めた豪風の活躍には改めて賛辞を送りたいが、これからの活躍の場はもっともっと広く、長い。力士の育成、相撲界の発展など今まで以上に活躍する事を願う。
author:北林丈正, category:相撲, 21:50
-, -, - -
スプリントカップ

第7回北秋田スプリントカップジュニア大会が薬師山スキー場で開催される。
この大会はノルディック競技だが、短い距離を同時スタートで競う従来の大会にはない特色のある競技会。今年は絶好の好天のもとで、県北地域を中心に130人の小中学生が参加して熱戦を繰り広げた。

大会を運営するのは若手を中心とした競技経験者やスキー連盟関係者など。瞬発力と相手との駆け引きが要求されるスプリント競技はノルディックスキーのレベルの向上と面白さを引き出す絶好の競技会だと思う。競技人口が減少する中でこのような大会を企画運営する関係者の努力には本当に頭の下がる思いだ。折しも花輪スキー場ではスキーインターハイ競技が開催中。明日は期待のリレー競技だが、後輩たちに夢を与える為にも本県選手の健闘を期待する。
author:北林丈正, category:スキー, 11:35
-, -, - -
もちっこ市

第25回「もちっこ市」が大太鼓の館駐車場で開催されセレモニーに出席する。

厳しい冷え込みに見舞われたが早朝から多くのお客さんが訪れる。神事に続いて主催する桧森正太観光物産協会会長が挨拶し、餅まきが行われた。

大型テントをつないだ長さ50mの会場には、郷土の特産品がずらりと並ぶ。



大福、豆餅、切餅、桜餅、バター餅、干し餅、シフォンケーキ、くるみ餅、おやき、バナナボート等々数え上げればキリがない程の品数。この日しか販売されない商品もある。甘党にとっては見ているだけで楽しい風景だ。


お隣の藤里町からも出店。
地域の食の祭典とも言うべきもちっこ市。工夫次第でまだまだ伸び〜る余地がありそうだ。
author:北林丈正, category:秋田の食, 10:35
-, -, - -
幸せのイルミネーション

内陸線の阿仁合駅にまた名物が一つ加わった。今年4月にリニューアルした駅舎の外壁がイルミネーションで飾られたのだ。北秋田市の市民提案型まちづくり補助金を活用して地元有志が発案して完成したのはその名も「幸せのイルミネーション」
中央の縦に流れるラインは安の滝を、左右の4の字は「しあわせ」を表す。今日から3月31日まで毎日点灯する予定だ。


集まった子供達には内陸線の乗り放題チケットや阿仁スキー場のリフト券などがサンタさんから贈られる。
駅舎の改築で賑わっている阿仁合駅だが、地元の人達によるこの取り組みは時期的もナイスヒット。今日の開始式は地味なものだったが、こうした地道な活動が将来に繋がるだろう。
author:北林丈正, category:行事, 20:55
-, -, - -
金農野球部に県民栄誉賞

夏の甲子園で全国にカナノウブームを巻き起こした秋田県立金足農業高校野球部に県民栄誉賞が贈られた。
授与式は午後3時半から秋田市文化会館で行われたが、参加を希望する公募には1万人以上が応募し倍率は10倍以上にもなる。客席後方から野球部員がユニフォーム姿で入場すると館内からは割れんばかりの声援と拍手が送られる。

佐竹知事から賞状、記念のメダルなどが贈られる。


鶴田議長から吉田選手に記念品が。

カナノウの感動はいまだ冷めやらず、会場からは盛大な拍手が続いた。
author:北林丈正, category:行事, 18:05
-, -, - -
イージス調査その2
ポーランド、レジコボを視察した次の目的地はルーマニアにあるデベセル空軍基地だ。グダニスクに宿泊し、翌朝6時にホテルを出発し空港に向かう。グダニスク空港からワルシャワに戻り、ワルシャワからルーマニアの首都ブカレストへは約2時間のフライト。

午後4時半、日本大使館にルーマニア軍のデベセル軍事基地司令官ら4人の軍関係者に来て頂き、イージスに関して説明を受け、質問なども行う。こちらもポーランド同様、ルーマニア軍が基地全体を警備しその中にあるイージス施設はアメリカが管理しているようだ。電磁波についてもこれまで健康被害などは全く起きていないと言う。


翌朝はホテルを7時半に出発、デベセル基地へと車を走らす。デベセルはブカレストの西140キロに位置し、所用時間約3時間。ブカレスト郊外に出るとすぐに広大な畑が一面に広がる。とにかく広いの一言だ。地平線まで延々と畑が続いて行く風景は圧巻。
基地のあるデベセル町では、イオン・アリマン町長が、また基地から8キロ程の所にあるカラカル市では市の幹部の方々が出迎えてくれ、それぞれお話を聞く。

こちらはポーランドとは違い、イージスに対しては全面的に大歓迎だ。元々空軍基地があり撤退した事で町が寂れてきていた事もある。デベセル町には米軍が学校も作ってくれた。カラカル市は基地建設で潤い、地価やアパート家賃なども上昇した。軍事基地が出来た事で安心感も増したという。土地も十分に広い為、建築制限などもほとんど受ける事は無い。

現地を見て、つくづく秋田とは土地の広さ、文化、経済、軍事的環境など全く異なる事を実感する。
author:北林丈正, category:議会, 04:25
-, -, - -
イージス調査

イージス・アショアを秋田市新屋に配備する計画が防衛省から示され、現地調査も始められた。議会からも様々な疑問や心配の声が上がっている中、現在建設中のポーランドと既に配備されているルーマニアをこの目で見ようと現地に向かう。

今回の調査に参加したのは自民会派3名とみらい会派3名の計6名。成田空港からワルシャワ行きの直行便に乗り約10時間。ワルシャワで国内線に乗り換えグダニスクへ。乗り換え時間も入れると18時間の長旅だ。
グダニスク市内のホテルに泊まり、翌朝最初の目的地スウプスク市へ約2時間車を走らす。

話を伺ったのはスウプスク自治体のバーバラ市長。スウプスク市は人口約9万人でその周辺に41の小さな自治体(村)がある。

その中の一つレジコボ自治体にポーランドの元空軍基地がありその中にイージス・アショアは建設されている。

バーバラ市長の説明によると、2007年突然イージス候補地である事が分かり、翌2008年には正式に決定された。2016年に建設が始まったが、基地から4キロ以内の場所では容積6000m3以上の建物を建てる場合は米軍の許可を必要とし、また35キロ以内の場所では構造物の高さに制限がかかるなどいろいろな制約が出てきた。その為近くに250haの工業団地を造ったが企業の投資が減り経済的な損失を被っているという。政府には賠償を求めているが現在は口頭での約束で、運用が開始される2020年までは賠償の項目を確定させたいとの事だ。地元にとっては様々な心配があるが、国防上の事なので政府と米軍が決定し、地元に対する説明が足りないと言うが、そのあたりの事情は日本と同じようだ。

説明を聞いた後はバーバラ市長の先導で現地へと向かう。元空軍基地は面積700haで周囲は有刺鉄線で囲まれ、厳重な警備が敷かれている。我々の乗るバスがその中へと入るが、入り口でポーランド軍の案内者が乗り込む。写真撮影などはもちろん禁止だ。入って行くと敷地の中には車庫や寄宿舎など関連する施設が多数建設中だ。イージス本体はこの敷地の中にあり1キロほど先にはレーダーなどがあるデッキハウスも見える。アメリカ軍が管理するイージス設置場所の周囲は厳重な電気柵で囲われ監視カメラもいくつも設置されている。基地周辺には住宅も僅かにあり国道を近くが走るが林に囲まれており、一見しただけでは重要な軍事施設があるような感じはしない。

内部の工事の進捗状況については、ポーランド軍の説明によると、2020年の運用開始に向けて順調に進んでいるようだ。但し本格運用までは多くの段階があるため関わる業者が増えるほど時間がかかると言う。現在200を超える業者と8000人の作業員が働いているとも。
ポーランドは地政学的に大変厳しい場所に位置し、その為苦難の歴史を歩んできた。11月11日には独立100周年を祝う大規模な集会も開かればかりだ。現在アメリカとは軍事的に強い結びつきがあり、イージス建設もNATOのミサイル防衛計画の一環としてある。
現地を訪れ、そうした厳しい現実も肌で感じる事が出来た。
明日は次の訪問地ルーマニアへと向かう。
author:北林丈正, category:議会, 21:25
-, -, - -