RSS | ATOM | SEARCH
秋田杉の人力車

コムコムで、日本の伝統文化を再発見するためのイベント「北秋田 和の今と昔」が行われ、出掛けてみる。

ステージでは佐藤兄弟が津軽三味線を披露し、秋田舞妓との共演も。


私が一番関心があったのは、木製の人力車。秋田舞妓の古い人力車を復活させた布田さん(写真向かって右側)が、今度は秋田杉を使って人力車を製作した。座板部分は秋田杉、側面は天然の秋田杉、肘当て部分は黒檀など、用途に適した材料を見事に使い分けている。
タイヤの上部にはスプリングも付いて乗り心地も良好。秋田杉の木目を生かした人力車はおそらく全国でも稀だろう。イベントや観光にも力を発揮しそうだ。
author:北林丈正, category:行事, 22:29
-, -, - -
内陸線のりものまつり

恒例となった「秋田内陸線のりものまつり」が阿仁合駅周辺で昨日、今日の二日間開催され、多くの家族連れらで賑わった。

会場には自衛隊のジープ、バイクなどの他バスやパトカー、建設機械、高所作業車など様々な乗り物が大集合。レールバイクの乗車体験もあり、小生も一度乗って見たいと思っていたが今回は願い叶わず。来年に期待しよう。


開催に合わせて宮越商店の特別内覧会も開催。この建物は明治38年に建てられたもので、鉱山を中心にたくさんの人で賑わう阿仁合を支えた商家の雰囲気を今に残している。

玄関前の通路は「こもせ」と言われ、石畳が敷かれ、雪の多い冬場でも買い物がし易いつくりになっている。昭和の初め頃のセーラー服もそのまま保存されており貴重な資料でもある。


土間を通って奥に入ると、立派な蔵の扉がある。この建物は10数年前まで人が住んでおり、蔵の中にはまだ家人の所有物がぎっしり。まだ整理が付いていないが、お宝もたくさんあるかも。


阿仁支所の向かいにある法華寺ではシタールというインド古典音楽の演奏会が1日2回計4回開かれる。演奏者は相葉克也さんとタブラという小さな太鼓を叩く鈴木健さん。弦が20本もあるシタールはインドの雰囲気を醸し出す独特の共鳴音を響かせ聴衆を魅了した。演奏終了後、シタールの演奏者が日本に何人いるかと相葉さんに尋ねると、二桁の前半位かな?東北北海道では1人かな、との答え。珍しいものを聴かせて頂きました。

数々の乗り物に加え、地域に残る貴重な文化伝統も披露する乗り物祭り。地域一帯となった取り組みに今後の成長が期待される。
author:北林丈正, category:行事, 20:00
-, -, - -
豪風応援ツアー

大相撲五月場所5日目、今年2回目の豪風応援ツアーが北秋田トラベルの主催で実施され参加する。
一行23名は大館能代空港10時45分発の全日空機で羽田へ。電車で両国へ移動し国技館へ。
幕内土俵入りでは「豪風!」と土俵に届く声で声援を送る。

春場所後に右肘を手術した影響か今場所の豪風はどこか力強さが足りない。今日の対戦相手の宝富士には土俵際まで一気に押し込んだが、反撃され押し出しで敗れる。

取り組みが終わり国技館から出てきたところで、先月14日に設立された「豪風旭関を応援する会」の記念写真とマタギのどぶろく、お菓子などを渡して記念撮影。
厳しい戦いの続く今場所だが、最後まで気持ちを切らさずに頑張って欲しい。

応援する会では千秋楽の28日に北秋田市米内沢のあゆっこで、テレビを見ながら応援する会を開く。会費は1,000円(ビール、おつまみ付き)
多くのご参加をお待ちしております。
author:北林丈正, category:相撲, 18:15
-, -, - -
七日市「長岐邸」

北秋田市七日市の市有形文化財の長岐邸の一般公開が昨日から始まり見学に出掛ける。

長岐邸は文政13年に新築されたもので築187年になる。外から見るとそう目立たないが、中に入ると広い座敷と庭に向かって広々とした縁側が広がる。おさるべ元気クラブの長岐直介代表から長岐邸の歴史、歴代の当主の功績などについて詳しく説明して頂いた。
座敷には松岡誠三さんの銘石も展示され、水石といわれる珍しい形をした自然石や磨きあげられた美石など、数々の作品が並ぶ。

玄関横には、11代目長岐貞治氏の石碑が建つ。貞治氏は31歳で県議会議員に当選、県畜産組合の会長なども務め石碑は秋田市川辺の中央家畜市場から移設建立されたものという。教育の必要性をうったえ、農林高校の前身となる七日市農林学校の創設にも尽力した。

地域の歴史を知り、先代の偉業を学ぶ貴重な一日となりました。
author:北林丈正, category:鷹巣案内人, 18:23
-, -, - -
森吉山山開き

毎年恒例の森吉山山開き登山が行われ参加する。旧森吉スキー場の駐車場に車を停め、まだ1m程もある残雪の上を歩いて山頂を目指す。

1時間半程で標高1,264m「一ノ腰」に到着すると、南方はるか彼方に鳥海山がくっきりと姿を現わす。

神社では神事が行われ、関係者約50人が今シーズンの安全を祈願する。

神社隣にある避難小屋で昼食をとり山頂を目指す。気温は10度から15度位だろうか。シャツ一枚でも汗ばむ位だ。

山頂からは360度パノラマ絶景が広がる。 西方から時計回りに見ると、男鹿半島、白神山地、岩木山、八甲田、早池峰山、岩手山、秋田駒ヶ岳、鳥海山などなど、山頂の方位盤に彫られた山は全て見る事が出来き、しばし時間を忘れて眺望に酔いしれる。何度も森吉山には登ったがこれ程の天気と眺望に恵まれたのは初めてだ。

青空と残雪、青森トドマツのコントラストは見事。

森吉山は比較的なだらかで、見通しが良い為、残雪のあるこの時期は、どこでも自由に歩く事が出来る。また雪も新雪と違い締まっている為登山靴でも大丈夫。登山道を歩く夏場の登山とは一味違う春山登山は、数多い森吉山の魅力の一つだ。
author:北林丈正, category:行事, 17:30
-, -, - -
縄文世界遺産総決起大会

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推進総決起大会が衆議院第1議員会館で行われ、4道県から関係者約200名が参加、秋田県からは佐竹知事、米田教育長、県議会議員連盟の6名などが参加する。
始めに推進本部長を務める三村青森県知事が挨拶。続いて国会議員の議員連盟会長の鈴木俊一衆議院議員、高橋はるみ北海道知事、達増拓也岩手県知事、佐竹知事が挨拶。それぞれ世界遺産登録に向けた想いと期待を述べる。

会場には修学旅行で国会見学をしていた函館の中学生6名も参加したが、その中から代表で挨拶した、生徒会長さんの挨拶が素晴らしかったので、ここに全文を紹介させて頂く。
「今日は修学旅行で東京を訪れ、日本の政治の中心、国会議事堂について学びに来ました。偶然にも、北海道北東北の縄文遺跡群を世界遺産へという想いを持った方々の集いが、今日ここで行われ、その集いにお招きを頂きました。私たちの住む函館にも縄文遺跡があります。・・地区の・・.みなみかやべ地区から発掘された北海道初の国宝「中空土偶」また秋田県産のアスファルトが大量に発見された地区など、私たちの地域では「古きを訪ねて新しきを知る」という勉強が本物を通じて出来ます。
また、小学校の時に修学旅行でも青森県の三内丸山遺跡を訪れ、そこで古代の人達の強い生命力、たくましく生きる力を肌で感じました。縄文遺跡は他の世界遺産、例えば姫路城や厳島神社や知床などとは違い、派手さやダイナミックさインパクトでは及ばないかもしれません。少し地味かなと感じる人もいると思います。(笑)でも華やかさや迫力をまとっていない分、古代の人の暮らしぶりや文化を真っ直ぐに感じる事が出来ます。(そうだ、いいぞの声)
そうした縄文遺跡から私は当時の人々の温もりや真面目さ、一生懸命さというものを親近感を持って感じ、想像する事が出来ます。それが他の遺跡・遺産とは一味違う縄文遺跡の大きな魅力だと思います。この貴重な縄文遺跡が世界遺産に登録されて今まで以上にしっかりと管理、保護されて残し、後世に伝えて行く事が出来れば大変嬉しく思います。
私は中学一年の時、国語の授業で言葉がつなぐ世界遺産という題材を勉強しました。その時世界遺産の登録についてはイコモスの専門家が細かく審査する事を知りました。イコモスのみなさんには、縄文文化の魅力素晴らしさを詳しく知ってもらい、感じてもらい世界遺産に相応しいという評価をして頂きたいと思います。
今日ここに思いを一つにして集まったみなさんの大きな夢が叶う事を私も願っています。今日は私達のためにこのような機会を与えて頂きありがとうございます。(満場の拍手)
私も感動しました。

最後は頑張ろうコールで締めたが、登録に向けて大きな推進力になった大会だ。
author:北林丈正, category:活動, 19:55
-, -, - -
「豪風関応援する会」設立

北秋田市出身の豪風旭関を応援する会の設立総会が縄文の湯で開かれ、会則や事業計画、役員などが決定した。

豪風関は昨年県民栄誉賞を受賞し、10月には地元で祝賀会も行われた。
また、本場所応援ツアーも昨年から今年にかけて行われ、私も2度ほど参加した。

そうした中で、現在秋田市や二ツ井にある豪風後援会を地元にも立ち上げようとの話しが持ち上がり、何度か役員会を開いた後、本日の設立総会となった訳である。

設立総会には関係者44名が参加し、総会終了後は記念写真を撮影して懇親会へ。
豪風は現在37歳で幕内最年長力士。本人もここまで続くとは思っても見なかったようだが、相撲内容は若々しく特にこの一年の活躍は目覚しい。東京オリンピックまで頑張るとの県民栄誉賞受賞祝賀会での話もあながち無理とは思えない。
仮に現役を引退しても、親方や相撲協会での活躍も期待されており、地元として長く応援していきたいものだと思う。

後援会の年会費は個人千円、法人3千円から。また5月14日から始まる5月場所には、5日目の18日に応援ツアーが企画されている。私も参加の予定だが、まだ若干の空きがある。入会若しくは参加ご希望の方は北秋田トラベルまで。
author:北林丈正, category:相撲, 20:30
-, -, - -
縄文世界遺産へ気勢会

<「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推進"気勢"会なる催しが青森市の山内丸山遺跡にある時遊館で開かれ、秋田県議会縄文推進議員連盟を代表して参加する。 4道県17遺跡からなる縄文遺跡群は、これまで世界文化遺産の国内推薦候補に何度もノミネートされながら見送られてきた。課題を整理しながら、伊勢堂岱の縄文館など着々と整備を進めながら望む今年は、正に正念場。秋田県議会でも登録推進議員連盟を全議員参加で先月立ち上げたところだ。 気勢会には世界遺産登録推進本部長の三村青森県知事や国会議員、各県の県議、地元関係者など150人余りが参加。 三村知事は、縄文文化の価値については国際的に十分確立しており、国内候補になれば一気加勢に世界遺産登録へと進むものと思う。現在延3千m2にも及ぶ時遊館の増築工事も進めており、今年は何としても取りに行くと意気込みを示す。 地元の世界遺産遺産を目指す会の若井会長は、縄文文化の解明はここ20年程で急速に進んだ。ライバルは佐渡の金山と大阪の百舌鳥古墳群だが、日本文化の根幹を成す縄文文化を必ず世界遺産へと期待を込める。

最後は地元の津島淳衆議院議院のガンバローで締めくくったが、関係者の熱意が十分に伝わる"気勢会"でした。ユネスコへの国内推薦候補は8月にも決定する。
author:北林丈正, category:活動, 18:35
-, -, - -
火まつりかまくら

平成26年に復活した、葛黒の「火まつりかまくら」も今年で4回目を迎える。
昨年は雪不足に加えての雨模様で、足場がぬかるみ、ご神木を上手く建てる事が出来なかったが、今年は昨日からの雪と寒さで足元も固まった。朝に切り出した高さ11mのご神木も立派に立ち上がり点火を待つ。

「権五郎」を形取った切り絵燈籠も小かまくらの上に飾られ雰囲気を盛り上げる。

午後6時、堀部明博会長が挨拶し、昨年の試練を乗り越え無事今年の火まつりが開催出来た事に感謝を述べる。


気温は氷点下3度?、風雪の中でご神木の周囲に巻かれた稲わらや豆殻にたいまつの火を点火するが、今年は寒さと風のせいか例年のようにいっきには燃え上がらない。2〜3分もかけてじっくり火をつけるとようやく燃えあがったご神木に向かって、子供たちが「おーい、かまくらの権五郎」と何度も叫ぶ。
山間の集落に伝わるこの伝統行事は250年の歴史を持つという。
地域住民の気持ちを1つにし、周囲の人々の心をも動かす伝統行事。その不思議な魅力を味わいながら里山を後にする。
author:北林丈正, category:行事, 19:45
-, -, - -
自衛隊入隊激励会

大館・北鹿地区自衛隊入隊予定者激励会が大館市中央公民館で開かれ出席する。
この会は大館北鹿地区の自衛隊家族会が主催するもので、毎年開かれている。
秋本会長や市町村長、自衛隊員などが挨拶の後、入隊予定者を代表して中嶋奎斗君(北鷹高校)が決意の程を述べる。彼は自分の末息子と同級で、一緒にスキーをした間柄だが、立派に成長した姿に驚く。自衛隊入隊は小さい頃からの夢であったとお父様から伺う。
今年、大館北鹿地区から入隊したのは男子33名、女子4名の37名。隊別では陸上自衛隊に28名、海自に6名、空自に3名との事。
崇高な使命を担う自衛隊に入隊する若者を見て、頼もしく誇らしく思うとともに頭の下がる思いがする。1日も早く仕事に慣れ、自衛官・社会人として成長して欲しいものです。
author:北林丈正, category:行事, 14:35
-, -, - -