RSS | ATOM | SEARCH
葛黒の火祭りかまくら

復活して今年で5年目となる「葛黒の火祭りかまくら」
過去には暖冬で会場がぬかるみ御神木を立てるのに苦労した事もあったが、今年は寒波の襲来で地盤も万全。

今朝近くの山から切り出した御神木には、稲わらが巻かれ竹や笹が取り付けられ、準備万端。高さも例年以上に高く、立ち上げには1時間以上も要したとの事。

会場には特設テントが張られ、ゴンゴロー餅や缶バッチなども売られている。缶バッチは地元の生徒が作ったとの事で1ケ200円。

午後6時、堀部博明実行委員長、津谷市長の挨拶に続いて点火式が行われ、10人程がたいまつに火をもらい、御神木を囲んで「おーい、かまくらのゴンゴロー」の掛け声で一斉に点火。


火は瞬く間にてっぺんまで届き夜空を焦がす。集まった子供達は何度も掛け声をかけながら、燃え盛る炎を見つめる。
燃え残った御神木は細かく刻んで、参加者に配られる。

250年前から伝わる葛黒集落の伝統行事。地域の繋がりを深め、子供達の心の奥底に郷土の貴重な体験を刻んだ事だろう。
author:北林丈正, category:行事, 19:45
-, -, - -
自衛隊入隊予定者激励会

大館・北鹿地区の自衛隊入隊予定者激励会が、北秋田市交流センターで開かれ出席する。例年大館で開催されている当会だが、今年は北秋田市で初の開催だ。
平成30年度に入隊するのは、北秋田市出身が7名、大館市が10名、鹿角市郡が3名、秋田市が1名の合計21名。
激励会には津谷北秋田市長、福原大館市長など多くの来賓、保護者らが参加する。
来賓の祝辞、小野寺防衛大臣、佐竹知事のビデオメッセージの他、先輩隊員の激励の言葉が続いた後、入隊予定者を代表して、春日蒼君が「国の平和と安全、世界平和に貢献する為に頑張る。そしてお世話になった地域の人々の為に少しでも恩返ししたい」と誓いの言葉を述べる。

アトラクションでは北秋田市出身の森川1等陸士が起床から就寝まで1日の行動を告げるラッパを披露。
入隊予定者の中には、代表挨拶した春日君始め小さい頃から相撲や柔道などで知っている子も何人かいて、成長した姿に感慨もひとしお。
入隊予定者の成長と活躍を心から願う。
author:北林丈正, category:行事, 21:13
-, -, - -
スキーインターハイ

今年のインターハイスキーノルディック競技の会場は岐阜県郡上市。スキー部後援会はバスで応援に出かける。応援隊は総勢10名、2月6日午後4時半北鷹高校を出発して岐阜を目指す。経路は北陸地方が大雪の為、急遽太平洋側ルートに変更。十和田ICから高速道路に乗り東北自動車道を南下、久喜インターを過ぎたところで、圏央道に入り八王子から中央自動車道に。名古屋の手前の土岐J ctから東海環状線に入り美濃関J ctで東海北陸自動車道に入り北上。郡上八幡辺りからは雪景色となり会場のひるがの高原へは朝の8時到着。
夜通し1,120キロを走って15時間の長旅だ。

会場はデイリー郡上カントリークラブというゴルフ場で隣の温泉施設も休憩や食事に利用出来る為応援者にとっては有難い。
さっそく男子10キロクラシカルを応援にコースへと出る。雪が降り続くあいにくの天候の中、野田頭、高橋和、土濃塚の北鷹3選手は懸命に上位を目指す。
結果は昨年の覇者土濃塚がトップと6秒差で3位、高橋和が18位、野田頭が76位。土濃塚はスイスでの世界ジュニアから戻ったばかりで、ぶっつけ本番という条件を考えれば良く頑張った。


翌日のリレー競技は青空も覗く絶好の天気。

9時半スタートの女子は、1走平川優花、2走加藤、3走平川歩未の県大会から不動のメンバーで2年振りの優勝を目指すが、トップ集団からはやや離され、個人2位のアンカー平川が懸命に順位を上げるが昨年と同じ4位でゴール。


続く男子は、1走野田頭がトップ集団に食らいつき4位で2走上平につなぐ。1年生の上平は初の大舞台で緊張したものの頑張り5位で3走高橋へ。


悲願のリレー優勝にかけるキャプテン高橋は懸命に追い上げ3位でエース土濃塚に託すが、トップとの差は大きく、惜しくも2位に終わる。

優勝こそ逃したものの選手達は本当に良く頑張りました。来年の会場は地元の花輪だけにまた活躍が楽しみです。


会場では思わぬ人と再会を果たす。小中学校の同級生の松橋知己君(写真中央)だ。現在山本姓だが会場近くの白鳥町に住み、大会のコース設営に汗を流していた。彼は鷹巣農林スキー部のOBでもありインターハイ2位の実績を持つ。岐阜にいるのは聞いていたがまさか会えるとは夢にも思わなかった。約40年振りの再会に感激する。


帰る途中、世界遺産の白川郷に寄る。周囲の山の険しさと観光客の多さには驚くばかり。帰りは日本海側を走って12時間で鷹巣に無事帰還。
車中2泊、ホテル1泊の強行スケジュールでしたが、心に残る応援ツアーでした。選手並びに保護者、学校関係者の皆さん本当にありがとうございました。
author:北林丈正, category:スキー, 09:20
-, -, - -
年祝い
2月1日は恒例の合同年祝いが、前田地区と米内沢地区で行われる。

前田地区は午前11時から四季美館で祭事が行われ、33歳に2名、42歳に14名、62歳に17名、88歳に9名の合計42名が玉串奉奠などを行う。
その後、米寿記念品贈呈、記念写真に続いて祝宴に入り賑やかに懇親を深める。
88歳の懇親会参加は以前は珍しかったが、今回は全員が参加。お酒を飲む方もいて、健常ぶりに目をみはる。元気な高齢者が増えている事を実感する。

米内沢地区は米内沢神社で神事を終えて、あゆっこで祝賀会。こちらの参加は、33歳に1名、42歳に10名、62歳に9名、88歳に1名の合計21名と例年に比べてやや寂しい感があるが、同級生同士のまとまりは良く、懇親会は大いに盛り上がる。平日開催では参加者が少ないので来年からは、土曜日開催の話もあるようだ。


こちらは鷹巣地区での「丸まげ行列」
アマチュアカメラマンも多数集まり、珍しい姿をカメラに収めていた。
author:北林丈正, category:行事, 16:44
-, -, - -
森吉山の樹氷

明日から天気が荒れるのを前に、森吉山阿仁スキー場へと車を走らせる。午前11時、スキー場に到着しゴンドラに乗り込むと青空も覗く絶好の樹氷日和。視界も良く山頂駅舎もはっきりと見える。ゴンドラ周囲のブナ林も美しく雪化粧している。


お目当ての樹氷もこんなに大きく成長。


順路に従って登って行くと次々とモンスター達が姿を現し目を奪われる。

鑑賞コースから更に上を目指して登り始めると、下の方から雪を巻き上げた猛烈な風が吹き上がってくる。20m先の人も見えない程の吹雪に身の危険を感じやむなく下山。山の厳しい自然を体感する。

少し降りて来ると、南方のはるか彼方に鳥海山の姿が見える。天気の崩れる前兆でもあるが、寒波の収まった頃には、モンスター達はどんな姿に変わっているのかが楽しみだ。
author:北林丈正, category:日常, 19:20
-, -, - -
寒稽古


北林道場の寒稽古が正月4日から行われているが、最終日の今日は紅白に分かれての試合などが行われた。
参加したのは大館北秋の小学生から高校生、一般までの柔道愛好家約60 名と保護者コーチなど。

小学生の部には1年生から6年生までの37名が参加して男女混合で白熱した試合を繰り広げた。保護者の声援も熱く、負けて泣き出す子供も。


中学校以上の部には20人程が参加。選手が少ないのは寂しいが、社会人も参加して大会を盛り上げた。

試合終了後は、柔道の世界マスターズ90キロ級チャンピオンの小坂重人6段が講師となり、中高生に柔道教室を開催。基本から実践的な技のかけ方などについての指導に熱心に聞き入った。
author:北林丈正, category:柔道, 15:40
-, -, - -
出初式

新年恒例の北秋田市消防出初式が鷹巣を会場に行われた。


時折吹雪模様となる中、午前9時、分列行進が始まり北都銀行前で観閲。


第1分団から第12分団、女性消防団など約450名が統率のとれた行進を見せる。


行進の後は式典会場の文化会館に移動。10時開式の予定だったが、行進が早く終わった為15分早めて開始。
津谷市長の式辞、藤田消防団長の訓示に続いて、防火防災作文の表彰が行われ最優秀賞が鷹巣南中学校3年、岩本真菜香さんに贈られ、その後永年勤続表彰などが行われる。


昨年の北秋田市の火災発生件数は11件でその内建物火災は5件との事。人身被害は軽度の怪我が2件と例年に比べて減少した。 しかし全県では24名の方が亡くなり、その中には、5人が亡くなり10人の負傷者を出した横手のアパート火災もある。秋田県では年によって変動が大きいが年間20〜30人程が火災によって亡くなっており、人口10万人あたりの死者数は全国でも最も高い方だ。
暖房器具の使用が多い為と思われるが、これから冬本番を迎える。火の取り扱いにはくれぐれも用心を。

と挨拶して帰宅すると、間も無く消防車とパトカーのサイレンが近くで聞こえる。外に出ると北鷹高校近くで不審火との事。桜の樹の根元でタオルの様な物が燃えていて通行人が119番した。幸い大事には至らなかったが、新年早々のお騒がせでした。
author:北林丈正, category:行事, 19:48
-, -, - -
元旦登山
あけましておめでとうございます。
一年の計は元旦にありというが、新年は朝5時に起きて、2年ぶりに米内沢、倉ノ山元旦登山に参加する。


午前6時、米内沢神社の境内に車を置き、参拝していざ出発。天候は意外にも小雨。元旦登山を始めて20数年になるが雨が降るのは珍しい。年末に積った雪も随分下がって重雪。車から傘を取り出して、暗闇の中を歩き出す。間も無く参加者数人と合流して、まずは麓まで林道を歩く。
麓到着は6時半、いつのまにか周囲は明るくなっていて山頂が見える。ここからは登山道を登るが、積雪が50センチ程度はあるため、用意したカンジキを着ける。

倉ノ山は標高314mしかないが、斜面が急で一気に登っているため、登るのはそう楽ではない。呼吸を整えながらあまり汗をかかない様注意して山頂を目指す。
麓から約45分で山頂に到着。登り終えた爽快感はやはり格別。一番乗りも気持ちが良いものだ。

今年の参加者は7人とワンちゃん1匹。
三吉神社に参拝して、今年の安全と豊作を願う。
昨年12月には元旦登山会の成田会長が亡くなった。また1人会員が減って寂しくなったが、新会長には黒沢さんがつくことにその場で決定。
山頂に着くと雨も上がり、一瞬だか初日の出も顔を見せる。

いつもと変わらぬ里の風景を眺めながら、気分を新たに下山する。
author:北林丈正, category:日常, 13:50
-, -, - -
新なまはげ就航

秋田県の消防防災ヘリコプター「なまはげ」が新しくなり、本日秋田空港敷地内にある航空基地で就航式が行われる。

新「なまはげ」は旧型とほぼ同じ作りだが、キャビン容量が大きくなり装備も充実。小さく見えるが座席数は11もある。


こちらは旧「なまはげ」。新しく見えるが18年間使用された為引退。中古車として引き取られる予定。


こちらは県警ヘリの「やまどり」



式典終了後は、航空隊員による訓練が披露され、上空でホバリングしながらケーブルで降下し地上にいる隊員を救助する。
航空隊員は、ヘリを操縦する飛行隊員と救助にあたる救助隊員からなる。飛行隊員は警察本部から出向、救助隊員は県内の各消防本部から派遣され、共同運航体制をとっている。どちらも高い能力と厳しい訓練が必要な為、多くの職員から選ばれた精鋭達だ。
救急患者の搬送や災害救助、遭難者の捜索などヘリコプターの活躍は目覚しいものがある。命がけで業務を遂行する隊員に敬意を表すると共に、新なまはげの安全を心から祈る。
author:北林丈正, category:行事, 18:31
-, -, - -
秋本番
里でも紅葉が始まり秋の深まりを感じるが、日曜日の今日は北秋田市でも様々なイベントが繰り広げられた。


まずは森吉山ダムで開催の「森吉四季美湖紅葉祭り」へと車を走らす。今年で7回目を数えるこのイベントは、森吉山ダムの完成を機にダムの魅力を広く外に向かって発信し、地域の活性化に結び付けようと、地元の根森田地区や実行委員会の方々が毎年開催している。
今年は、カヌー試乗体験やダム探索、ダムの堤体登りなど、今日でなければ体験出来ないイベントにカヌートライアスロン、デュアスロンなど本格的なアウトドアスポーツも加わり、イベントの魅力もバージョンアップ。
加藤寿実行委員長は開会式で「日本一のアウトドアの聖地を目指す」と挨拶したが、ダム周辺は景色に恵まれ道路も整備されている。交通量も少なくこうしたイベントを開催するには最適の条件を備えているのかもしれない。北秋田市も湖畔の整備を進める計画であり、今後の展開が楽しみだ。

うまいもの物販コーナーには、森吉牛の鉄板焼き、やまと豚丼、だまこもち、そば・うどんなど地元の名物がずらりと並ぶ。Sun Sun食堂は、33の年祝いの仲間が集まり作った食堂との事。活気にあふれ地域を元気にしようとの思いが伝わってくる。


次は比立内の道の駅へ。地元のキノコ、野菜、漬物、手作りコロッケなどを地元の方々が販売。



りんごやナシなどの果物もいっぱい。

森吉山阿仁スキー場でも「秋まつり」が開かれ、県内はもとより県外からも多くの観光客が訪れ賑わう。ゴンドラから眺める紅葉は今が見頃。
山麓駅舎前では無料のキノコ汁も振舞われ、訪れた人々は秋の味覚と景色を堪能していた。


合川駅前では「合川駅秋まつり」

毎年春と秋の二回開催しているこのイベントは、内陸線の利用促進と合川地区の活性化を目指して地元自治会、合川商店振興会などが中心に開催している。
こちらもだまこ鍋やホルモン焼き、焼きそば、野菜、お菓子などが手頃な価格がずらりと並び、食欲を満たしながらステージショーを楽しんだ。

author:北林丈正, category:行事, 17:35
-, -, - -